マストメゾン城東中央では、広さにゆとりのある85m²台の3LDKプランをご用意しております。
大阪市内で2017年に発売されたな3LDK(タワーマンション除く)の平均面積は70m²台ですが、
「マストメゾン城東中央」のAタイプは85m²台。それぞれの居室にゆとりが生まれ、様々な
ライフシーンに対応することが可能です。

さらに、ご家族のスタイルに合わせて、長く住み続けられるのも広いプランの魅力。
「マストメゾン城東中央」では家族数やライフスタイルに合った住まいかたをご提案しています。

※大阪府2017年発売物件(タワーマンション除く)の3LDK平均面積/70.56m²(2018年3月、(有) MRC調べ)

2017年に大阪市内で発売されたマンションで3LDKの
平均面積は約70.56m²(タワーマンション除く)。
「+15m²」となる「マストメゾン城東中央」の3LDKに
ついて、その魅力をお伝えします。

15m²は帖数にして約9.2帖。小さな洋室なら2部屋も作れる広さですが、3LDKであることでそれぞれの居室や浴室・キッチン・収納の面積が広く取れ、どのお部屋でもゆとりある広さを実感していただけます。

趣味のための家具や、お子様の成長に合わせて増える家具も、一つ一つの部屋が広いので、レイアウトの自由度が格段に広がります。

お子様が独立した後に、ご両親を迎えることも、広いお部屋だから十分に可能。将来のライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

どのお部屋も広く使えるから、お子様が小さいときは2人部屋、成長に合わせてそれぞれの子供部屋にするなど、使い方にも幅が出ます。

転勤や結婚、就学を除くと、住み替えの理由として一番多いのは「住宅を広くしたい」というもの。いずれ感じ始める「狭さ」に対して、広めの3LDKなら将来的にも備えられます。

※メニュープランには申込期限があり、階数によっては申込が終了している場合がございます。